2010年02月25日

【全父子連ニュース vol.8】2010.2.25号

【全父子連ニュース vol.8】2010.2.25号
<児童扶養手当、父子家庭にも支給 法改正案を閣議決定!>

皆さま、こんにちは!
全国父子家庭支援団体連絡会(全父子連)代表の片山知行です。
シングルパパ情報、全父子連情報などをお届けいたします。

<転送・大歓迎!よろしくお願いいたします!>

---contents---------------------------------------------
1.ニュース
2.HOT!全父子連!
3.全父子連の活動報告
4.お知らせ <セミナー・イベントなど>
5.シングルパパ・コラム
6.後記
--------------------------------------------------------

<<<パパと子どもの笑顔を守りたい!>>>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【父子家庭への公的支援拡充求め 支援団体が会員募集】
2010年2月23日
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_145059
 全国の父子家庭の父親らが昨年11月に立ち上げた「全国父子家庭支援団体連絡
会」(片山知行代表)が、県内でも活動を広げようと会員を募っている。父子家庭へ
の公的支援の拡充を求める活動を通じて、全国で9万世帯を超える父子家庭が「安心
して子育てができる社会」(片山代表)を目指していく。県内からは父親1人が連絡
会に所属しており、県支部の設立も計画している。
 2人の子供を育てている片山代表(38)=新潟県阿賀野市=らによると、一人親
家庭への公的支援は十分とは言えない上、母子家庭が受けられる就労支援や貸付金制
度などが、父子家庭は対象外となるケースが目立つという。
 こうした状況を変えようと、父子家庭の力を結集する場として全国組織をつくっ
た。父子家庭の支援団体の代表者ら20人が所属。県内からはインターネットのブロ
グで連絡会を知った諏訪市の小林正典さん(31)が加わっている。父子家庭の声を
集めて支援の充実を行政に働き掛けたり、父子家庭のネットワークづくりを進めたり
する考えだ。
 小林さんは3年前に離婚し、小学2年の長男(8)と2人暮らし。昨年秋までパー
ト勤務をしていたが、今は正社員を目指して公共職業訓練を受けている。失業保険に
頼りながら、家事をこなす生活に余裕はない。その中で、父子家庭は児童扶養手当な
どを受けられないことを知った。父子家庭が連携して「制度の改善に動かなければ」
と思ったという。
 さらに、生活に追われて孤立しやすい父子家庭が連携を深めていくという会の活動
にも賛同した。県内に会員が増えれば、「父子家庭の親交を深めるイベントも開きた
い」としている。
 2005年の国勢調査によると、県内の父子家庭は1116世帯。
 連絡会の概要はブログ(http://ameblo.jp/papa-support/)で見ることができる。
会員になるには入会金2千円と年会費3千円が必要。問い合わせは連絡会事務局(電
話0250・47・6009)へ。

【全国の父子家庭に笑顔を USJが入場券プレゼント】
2010年2月19日
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/100219/20100219044.html
 大阪市此花区桜島2丁目のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(U
SJ)の運営会社ユー・エス・ジェイは13日、全国父子家庭支援団体連絡会(新潟県
阿賀野市、片山知行代表)へUSJの入場券50枚を贈呈し、同パークで贈呈式を行っ
た。
 シングルファーザーと子供たちの笑顔を守ることを目的に父子家庭支援事業に取り
組んでいる同会。日ごろ家事や育児、仕事に追われなかなか父親と出かけられない子
供らにパークでの楽しいひとときを提供しようと同社が実施した。
 式には同会の片山代表をはじめ、日本各地の理事とその子供らが出席。このほかコ
ミュニティーサイト「HAPPY!シンママ&シンパパ倶楽部」の会員として単親同
士で交流している家族ら総勢32人も加わり、人気キャラクターのエルモやスヌーピー
らと記念撮影を行うなどしてパークを満喫した。
 片山代表は「今日は大変よい天気に恵まれ、このお日様と同じように明るい子供た
ちの笑顔を見ることができ、大変感謝している。これからも子供たちの笑顔を守るた
め尽力したい」と話していた。

【児童扶養手当、父子家庭にも支給 法改正案を閣議決定】
2010年2月12日
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021201000194.html
 政府は12日、低所得の母子家庭に支給されている児童扶養手当を8月分から同様
の父子家庭にも支給するため児童扶養手当法改正案を閣議決定した。今国会で成立を
目指す。施行予定日は8月1日。
 児童扶養手当は支給月が4、8、12月で、実際に父子家庭へ初めて支給されるの
は12月。8月からの4カ月分が支払われ、対象は父子家庭約10万世帯の見込み。
 支給額は子ども1人の場合、所得に応じ月額9850〜4万1720円。

【NPO法人化し父子支援拡大へ 阿賀野に拠点置く全国組織】
2010年2月11日
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/8820.html
 阿賀野市に拠点を置く「全国父子家庭支援団体連絡会」が3月中にも、内閣府にN
PO法人の設立認証を申請することになった。父子支援を主な目的とする全国組織の
法人化は初めてで、父親の子育て支援や貧困対策などのため国や自治体、企業への働
き掛けを強めていく方針だ。
 連絡会は、育児との両立で経済的に苦しい父子家庭の支援策を国に求めるなどの目
的で、父子家庭の親らで構成する東京都や宮城県などの11団体が昨年11月に設立。低
所得者向けの児童扶養手当を母子家庭だけでなく、父子家庭にも拡大するように求め
て積極的に活動し、ことし8月分からの支給実現につなげた。
 今後もさらに活動の幅を広げるため、NPO法人化を決めた。新法人の名称は「全
国父子家庭支援連絡会」とし、連絡会代表で同市の会社経営者、片山知行さん(38)
が代表理事に就任する見通しとなった。新法人の役員には各参加団体の代表や大学教
授らが就く予定で、団体を解散した上で会員と一緒に新法人に合流する団体もあると
いう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.HOT!全父子連!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月13日に山井和則厚生労働大臣政務官のメールマガジン【やまのい和則の「軽老の
国」から「敬老の国」へ第1342号(2010/2/13)】で、全父子連が紹介
されました。
ぜひ皆さんも読んで見てください。

ここから↓(抜粋)

◆◆ 低所得の父子家庭に児童扶養手当を支給する法案が閣議決定 ◆◆
〜授業料滞納家庭を救済する 課長通知を出す〜

メルマガ読者の皆さん、こんにちは。
2月12日 今日は、父子家庭への児童扶養手当支給が一歩前進しました。

低所得の父子家庭に児童扶養手当を支給する「児童扶養手当法改正法案」が閣議決定
されました。

つまり、法案の国会提出が決定したのです。
低所得の父子家庭10万世帯(約15万人の子ども)に対して、所得に応じて1−4万円
(月)を支給する法案です。

政権交代前にはいくら要求しても実現しませんでした。しかし、政権交代により父子
家庭にも 児童扶養手当が 今年の8月分から支給されます。

ただ前提は、この法案を5月か6月に成立させることです。
頑張ります。法案審議は4月か5月。厚生労働委員会では私も答弁に立ちます。願わく
ば、野党にも賛成して欲しいです。

今まで歴史的に ひとり親の貧困世帯を応援する児童扶養手当は、母子家庭にしか支
給されませんでした。
しかし、近年、非正規雇用のお父さんが増え、「所得が低ければ、父子家庭にも児童
扶養手当を支給すべき」という声が大勢になってきました。

しかし、厚い壁を打ち破ることができませんでした。
政権交代により、厚い壁が打ち破れつつあります。
もちろん、所得制限があるので、低所得以外の 父子家庭には この手当てはでませ
ん。

実は、親が子どもを養育できないという理由で、子どもが児童擁護施設に入っている
ケースが、年間4万人あります。

その中でも、母子家庭よりも父子家庭のほうが、確率は倍以上に高いのです。
今回の父子家庭への児童扶養手当支給により、児童施設に入所せざるを得なくなる子
どもが減ることを願っています。

今日、全国父子家庭連絡協議会の片山代表と電話で話しました。

父子家庭への児童扶養手当の創設のために、国会に働きかけを続けたのが片山さんた
ちです。
「明日、大阪のUSJユニバーサル・スタジオ・ジャパンに無料招待で子どもたちと
行きます。子どもたちもとっても楽しみにしています」と、声がはずんでいました。

USJがひとり親世帯50世帯を無料招待するのです。

全国父子家庭連絡協議会は、たった会員20人。小さな小さな団体です。
「父子家庭は生活が大変なので、集まって国会に要望する力はないんです」と片山さ
ん。

しかし、たった20人の小さな会ですが、片山さんを中心に、「母子家庭だけでなく、
低所得の父子家庭にも児童扶養手当を!」と、訴え続けられて、法案がやっと閣議決
定まできました。

この法案の対象になる子どもは約15万人。

子どもの未来を応援する。家庭の貧困に対して、子どもには全く罪はない。どのよう
な家庭環境の子どもにも、平等に十分な教育を受ける権利を。
好きな仕事に就けるチャンスを!と、私は願います。

子ども手当の支給も結果的には、貧しい家庭の子どもの大きな応援になります。
児童扶養手当の法案も子ども手当の法案も、両方ともこれから国会で審議がされま
す。

私も長妻大臣を支えて、しっかり国会を説明し、答弁をして、子どもの笑顔が増える
一年にしたいと思います。

ここまで↑(抜粋)

<<< 団体名が3月1日より変わります >>>
3月1日より
【全国父子家庭支援連絡会】
2月28日まで
【全国父子家庭支援団体連絡会】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.全父子連の活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2月7日
〜児童養護施設×シングル・ペアレンツ〜
児童養護施設の子供たちの家族背景を知ろう!
日時:2月7日(日)19時〜21時30分
場所:国立青少年オリンピックセンター
主催:3keys <森山誉恵代表>
http://3keys.jp
「3keysは児童養護施設でくらす子ども達の学習を支援しています」

原島陽一理事が講演しました。
満員御礼の大盛況だったと報告を受けています!すばらしい!
原島理事は心理学ゼミ講師、アドラー心理学をベースとした勇気づけの心理カウンセ
ラーとしても活躍中!
父子家庭相談、こころの病気などメンタル面の相談も展開しております!

全父子連は【3keys】を応援しています!
http://3keys.jp
3keysのイベント・セミナー情報はこちら!
http://www.united-plus.jp/3keys.html

■2月13日
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが全父子連を支援!
<優待チケット贈呈式>
日時:2月13日 10:00
株式会社ユー・エス・ジェイ(大阪市)
http://www.usj.co.jp/
USJパークVIPラウンジにて優待チケットを頂きました!なんと50枚!
キャラクターグッズのプレゼントも頂き、エルモやスヌーピーらと記念撮影!
コミュニティーサイト・HAPPY!シンママ&シンパパ倶楽部(しんふぁ)の皆さ
んとパークで過ごしました。
子ども達は最高の笑顔でした!
本当にありがとうございました!

■ツイッターはじめました。フォローお願いします。(片山)
http://twitter.com/katayama_papa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.お知らせ <セミナー・イベントなど>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第6回 パパの面白子育て講座(長野県上田市)
「パパの子育て パパ・ママ必見!」
子育て、夫婦、ワークライフバランス、シングルパパだから見えるもの
日時:2月27日(土)10:00〜12:00
場所:シナノケンシ梶@上田事業所 4階研修室
参加人数:30名(申し込み:先着順)
参加費:無料   
講師:片山知行(全父子連・代表)
主催:上田市子育て家族応援事業実行委員会
共催:ファンケル発芽玄米(株)、社会福祉法人まるこ福祉会、NPO法人子育て応援団
ぱれっと
後援:ながの子ども・子育て応援県民会議
お問い合わせ
NPO法人 子育て応援団 ぱれっと内
TEL/FAX:0268-27-4001

■パパの子育てトーク講演会(新潟市東区)
〜子育てトーク・パパ絵本〜
日時:3月10日(水)10:00〜
場所:シルバーピア石山
   新潟市東区石山団地10-13
講師:藤田市男(エッセイスト)
   片山知行(全父子連・代表)
主催:子育てサロンはらっぱ
お問い合わせは全父子連へ

■子育て親育ちセミナー(新潟県五泉市)
〜パパ・ママ必見〜
かたやまパパの子育て奮闘記 話しちゃいます♪
日時:3月20日(土)10:00〜12:00
場所:五泉市福祉会館 3F 大会議室
講師:片山知行(全父子連・代表)
お問い合わせ
五泉市企画政策課男女共同参画係
TEL 0250-43-3911 FAX 0250-42-5151
E-MAIL:danjo@ctiy.gosen.lg.jp

■父子家庭の現状と課題(島根県大田市)
〜当事者が語る社会福祉士へのメッセージ〜
日時:3月27日(土) 13:00〜
場所:島根県立男女共同参画センターあすてらす
講師:山根亮輔(全父子連・理事)
主催:一般社団法人島根県社会福祉士会
お問い合わせは全父子連へ

■社会起業支援サミット2010 in 新潟(新潟市中央区)
日時:4月10日(土)12:00〜
場所:万代市民会館6階多目的ホール(新潟中央郵便局となり)
基調講演:
民主党衆議院議員 黒岩たかひろ
新潟大学社会連携研究センター教授 松原幸夫
登壇社会起業家:
全国父子家庭支援連絡会(ユナイテッド・プラス)
NPOホワイトハンズ
NPO伴走舎
一般社団法人 葵学園
しゅわるハンズ
株式会社ペットウィズ(わんわんぱーく)
総合フードサービス
ナカムラ瓦工事業
新潟青年協力隊 ほか
入場無料
主催:社会起業支援サミット2010 in 新潟 実行委員会
後援:新潟市、新潟市市民活動支援センター、NPO法人新潟NPO協会、新潟市社会福祉
協議会、新潟県女性財団、新潟日報社、読売新聞新潟支局、朝日新聞新潟総局、毎日
新聞新潟支局、FM新潟
お問い合わせは全父子連へ


★父子家庭支援基金
フレンチトースト基金をよろしくお願いします!
http://www.ftfund.jp/index.html
★全父子連
ご寄付のお願い
http://ameblo.jp/papa-support/entry-10396996591.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.シングルパパ・コラム(理事・山根亮輔パパ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

父子家庭となった当時、二歳だった双子は早いもので10歳になりました。
素直にすくすくと育ってくれて嬉しい反面、パパはなんだかさみしい気持ちも…
小さい頃から毎日一緒にお風呂入って、一緒のお布団に入って、おやすみのチュウを
して…
ずっとずっとちっちゃいまんまでいてくれたらなーなんて思いながら、どっかで子離
れしないといけないと葛藤するパパであります。
そろそろ友達との遊びが忙しくなるのかな…
今のうちにいっぱい出掛けたり遊んだり、思い出たくさん作っとこう。

山根亮輔

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月8日にとても悲しい事件が発生しました。
【祖母、孫と無理心中か 所沢の民家、「遺書」残す】
http://www.saitama-np.co.jp/news02/09/06.html
 8日午前6時40分ごろ、外出先から帰宅した所沢市の男性会社員(35)が、自
宅で息をしていない市立小学5年の長男(10)を発見、119番した。救急隊や所
沢署員らが駆け付けると、長男は1階の布団の中で、2階では会社員の母(57)が
首をつった状態で発見された。室内に母が残したと思われる遺書らしきものが発見さ
れたことなどから、同署は無理心中の可能性もあるとみて調べている。
 同署によると、長男は発見時、布団の中であおむけの状態。目立った外傷はなかっ
たという。今後、遺体を司法解剖して死因を調べる。
 母は2階の和室にあるベッドの手すりに、ひものようなもので首をつっていた。遺
書らしきものは1階の居間で発見された。
 会社員は長男と2人暮らし。母は近くに住んでいて、長男の面倒をみるために会社
員宅に通っていた。会社員は前日夜に外出、帰宅した際に遺体を発見した。
「つらすぎる」と唇かむ 小学校で全校集会
 仲の良い祖母と孫が遺体で見つかるという事件に、学校や近所では「いったい何
が」と衝撃が広がった。
 長男(10)が通う所沢市内の市立小学校では午後、全校集会が開かれた。亡く
なったことが説明されると、泣きだす児童もいたという。校長は「毎日、明るく登校
していた。丁寧にあいさつしてくれる子だったのに。つらすぎる」と唇をかんだ。
 近所の人によると、男性会社員(35)の母(57)は近所に住んでおり、長男の
世話をするため、毎日のように会社員宅に通っていたという。「あんなによく面倒を
みる優しい人はいない」と評判で、2人が仲良く自転車に乗って買い物にいく姿をよ
く見掛けたという。ただ、5日に見掛けたという50代女性は「(母親が)いつにな
く落ち込んでいる感じだった」と話した。
 会社員の兄(37)によると、「おふくろは一番最初の孫ということで(長男を)
すごくかわいがっていた。働き者で、苦労をなんでも引き受けてしまうところがあっ
たけど…。全く分からない。信じられない」と涙をこぼした。


「会社員は長男と2人暮らし」
死別か離別か別居かは不明ですが、家族形態は父子家庭。
父親である会社員は仕事が忙しかったのか子育ては祖母が。

何があったのか、どうしてこうなったのか…。
救う手立てはあったのか…。

ショッキングな事件です。
つらいです。

片山知行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DIAMOND online
格差社会の中心で、友愛を叫ぶ シリーズ(第3回/2009年11月27日)
【もしも妻がいなくなったら!? 「父子家庭」を待ち受ける貧困の奈落】
フリーライター西川敦子氏が父子家庭、全父子連に迫る!!
日本中が泣いた!感動の渦!立ち上がるシングル・パパたち!
 いつもの通り帰宅してみたら……妻の姿がない!?
 そんな場面をリアルに想像できるだろうか。だが、父親なら誰しもシングルファ
ザーとなる可能性は皆無ではない。2005年の国勢調査によれば、父子世帯(祖父母な
どとの同居は含まない)は9.2万世帯。約75万世帯の母子家庭に比べれば少ないた
め、これまでさほど注目されてこなかった。
 続きはこちら!
http://diamond.jp/series/yuuai/10003/
西川氏バックナンバーはこちら!
http://diamond.jp/series/yuuai/bn.html


このメールは、全国父子家庭支援団体連絡会(全父子連)にお問合せいただいた方、
名刺交換をさせて頂いた方、全父子連メンバーと交流を頂いている方、お世話になっ
ているメーリングリストメンバーの方、および全父子連のメンバーにお送りしていま
す。

登録の追加・削除・アドレス変更などのご希望がありましたら、お手数ですが下記ア
ドレスまでその旨を明記の上、ご一報ください。
info@united-plus.jp

※ご意見、ご感想、激励をお待ち申し上げております!

バックナンバーはこちら
【全父子連ニュース vol.7】2010.2.2号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga7.html
【全父子連ニュース vol.6】2010.1.27号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga6.html
【全父子連ニュース vol.5】2009.12.24号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga5.html
【全父子連ニュース vol.4】2009.12.15号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga4.html
【全父子連ニュース vol.3】2009.12.10号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga3.html
【全父子連ニュース vol.2】2009.11.29号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga2.html
【全父子連ニュース vol.1】2009.11.20号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga1.html



<<< 団体名が3月1日より変わります >>>

2月28日まで
【全国父子家庭支援団体連絡会】
3月1日より
【全国父子家庭支援連絡会】

+ + + + + ◆パパと子どもの笑顔を守りたい!◆ + + + + + + + + + + +
+ 全国父子家庭支援団体連絡会 http://www.zenfushiren.jp
+ 代表 片 山 知 行 + かたやま ともゆき
+ 〒959-2015 新潟県阿賀野市北本町17番17号
+ E-Mail info@united-plus.jp
+ TEL 0250-47-6009  FAX 0250-63-9137
+ docomo 090-1406-9100  SoftBank 080-3338-9100 Twitter + ツイッター 
+ http://twitter.com/katayama_papa
+ ひとり親支援 ユナイテッド・プラス http://www.united-plus.jp
+ + + + + + + + + + + + + + + + ◆子どもの笑顔、好きですか?◆ + +

■ ツイッターはじめました。 http://twitter.com/katayama_papa
posted by 全父子連 at 04:00| メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

【全父子連ニュース vol.7】2010.2.2号

【全父子連ニュース vol.7】2010.2.2号
<パパは子どもが居るから頑張れる!>

皆さま、こんにちは!
全国父子家庭支援団体連絡会(全父子連)代表の片山知行です。
シングルパパ情報、全父子連情報などをお届けいたします。

<転送・大歓迎!よろしくお願いいたします!>

---contents---------------------------------------------
1.ニュース
2.HOT!全父子連!
3.全父子連の活動報告
4.お知らせ
5.シングルパパ・コラム
6.後記
--------------------------------------------------------

<<<パパと子どもの笑顔を守りたい!>>>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【「進学無理」遺児の生徒、4人に1人が就職希望】
2010/02/02 10:50
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002683425.shtml

病気や災害などで親を失った高校生の4人に1人が「経済的に進学できない」などの
理由で就職を希望していることが、遺児支援の民間団体「あしなが育英会」(本部・
東京)の調査で分かった。母子家庭の場合、世帯の年間総収入は平均246万円。政
府は公立高校の授業料を無償化する方針だが、進学のための費用負担は重く、同育英
会は給付型の高校・大学奨学金制度創設などを政府に要望している。(磯辺康子)
 調査は昨年11月、同育英会の奨学金を受けている高校生の家庭を対象に実施。母
親385人と高校生433人(一部父子家庭を含む)が答えた。
 母親の回答によると、年間総収入は夫との死別前には平均で480万円あったが、
死別後は246万円に激減。預貯金の平均額も227万円から50万円に減り、「預
貯金ゼロ」が63・1%に上った。
 夫の死亡原因は病気66・5%、自殺27・0%、災害2・1%など。仕事をする
母親の62・6%がパートなどの非正規雇用で、18・7%が賃金カットを経験して
いた。
 こうした状況から、大学・短大に進学を希望する遺児高校生は39・7%にとどま
り、2009年度の大学・短大進学率の53・9%を大幅に下回った。就職希望者は
26・1%で、その理由は「家計を助けるため」(27・4%)「経済的に進学でき
ない」(26・5%)など。高校生活でも「我慢することが多い」など多くの問題を
抱えていた=表。
 阪神・淡路大震災で夫を失い神戸から北九州市に転居、次女が私立高校に通うホー
ムヘルパーの女性(50)は「あしなが育英会の奨学金や入学時の市の貸し付けで何
とかやってきたけれど、塾通いは無理。子どもも週末はアルバイトをしている」と話
す。次女は進学希望だが、遺族年金は子どもが高校を卒業すれば減額され、生活はさ
らに厳しくなるという。
 政府は公立高校の授業料無償化に合わせ、私立高生にも就学支援金を支給する方針
だが、「私立は授業料以外の負担も大きい」と美山さん。
 調査では、授業料無償化について「お金のある方々は余裕分を教育費に回すことが
できるが、貧困家庭は生活費に消える」(千葉県、46歳)と教育格差の拡大を懸念
する声も。「公的奨学金制度の充実」を求める母親は51・4%に上った。
 同育英会の工藤長彦理事は「不況で労働条件が悪化し、心身ともに疲弊している母
親が多い。授業料無償化では教育格差の是正にならず、政府には子どもの貧困問題に
抜本的に取り組んでほしい」と話している。
 【高校の授業料無償化】2010年度予算案に盛り込まれ、今国会で成立すれば1
0年度から実施。公立は授業料を徴収せず、私立では、生徒1人当たり年間11万8
800円(低所得世帯への上乗せあり。年収250万円未満の場合は23万7600
円)の就学支援金を学校に支給。私立の授業料の平均は約35万円で、兵庫県など自
治体が支援金との差額負担を検討している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.HOT!全父子連!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NHKニュース おはよう日本
http://www.nhk.or.jp/ohayou/

2月3日 AM 7:00〜
特集
子どもたちの笑顔を守りたい
 立ち上がるシングル・ファーザー

父子家庭の現況と全父子連の活動を紹介。
ぜひ、ご覧下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.全父子連の活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月31日
『なくそう!子どもの貧困 全国ネットワーク(仮称)準備会設立シンポジウム』に
参加しました。
詳細はブログにて↓
http://antichildpoverty.blog100.fc2.com/

■ ツイッターはじめました。フォローお願いします。(片山)
http://twitter.com/katayama_papa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<雑誌のご案内>
雑誌「クロワッサン」マガジンハウス社
2|10 774号(1月25日発売)
http://magazineworld.jp/croissant/774/
女の新聞・日常生活の差別213
「家事、育児のために充分に働けない父子世帯にも社会的な保障を」
全父子連の記事が掲載されています。
ぜひ、お手にとってご覧下さい!

<イベントのご案内>
『ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが全父子連を支援!』
〜父子家庭の子ども達に笑顔を!〜
株式会社ユー・エス・ジェイが、日頃、家事・育児・仕事に追われるシングルパパと
なかなかお出かけ出来ない父子家庭の子ども達に、パークでの楽しいひとときをプレ
ゼント!
父子家庭の父親を代表して御礼申し上げます!
本当にありがとうございます!
<優待チケット贈呈式>
日時:2月13日 10:00
場所:株式会社ユー・エス・ジェイ VIPラウンジ
<問い合わせ先>
・株式会社ユー・エス・ジェイ
 社会貢献直通 06-6465-3141
 広報室直通 06-6465-3333
・全国父子家庭支援団体連絡会
 片山携帯電話 090-1406-9100
 事務局 0250-47-6009(留守の場合は携帯へ)
当日、NPO法人しんふぁ支援協会(原貴紀代表理事)と全父子連の合同イベントを開
催します。
シングルパパ、シングルママ、そして子ども達のたくさんの笑顔が咲きます!

*** 報道関係者の皆さま ***
このメルマガをもちまして、プレスリリースと代えさせて頂きます。
ぜひ!取材をお願いいたします!

<セミナーのご案内>
3keys勉強会 http://3keys.jp/
〜児童養護施設×シングル・ペアレンツ〜
児童養護施設の子供たちの家族背景を知ろう!
日時:2月7日(日)19時〜21時30分の予定 
受付 18:50より開始
プログラム
児童養護施設の子供たちの親について勉強をします。
児童養護施設の子供たちの親は6割がひとり親です。今回の勉強会では特にひとり親
の事について勉強をします。
詳細は後日またご連絡を差し上げます。
講師:全父子連理事 原島陽一
場所:国立青少年オリンピックセンター 
http://nyc.niye.go.jp/
最寄駅:小田急線参宮橋駅徒歩8分 千代田線代々木公園駅徒歩15分
※開催部屋は申し込み頂いた方に別途ご連絡いたします。
参加費:3keys登録者― 学生:無料 社会人:500円
    3keys未登録者― 学生:500円 社会人:1000円

<緊急院内集会>
中学・高校生を卒業クライシスから救え!緊急院内集会のご案内
日時:2月4日 (木)12:30〜13:30
参加受付時間:12:00〜12:30 
集合場所:参議院議員会館受付
会場:参議院議員会館 第一会議室
詳細はこちら
http://antichildpoverty.blog100.fc2.com/blog-entry-5.html

<日本初の父親学校!>
ファザーリング・スクール
http://www.fathering.jp/school/
第2期生募集中!
※単発受講も可能です。
事務局ブログ:http://fathering-school.seesaa.net/

★フレンチトースト基金をよろしくお願いします!
http://www.ftfund.jp/index.html
★ご寄付のお願い(全父子連)
http://ameblo.jp/papa-support/entry-10396996591.html

NPO法人ファザーリング・ジャパン発行 [FJ NEWS 114]より転載
===========================================================
1/29に閣議決定された「子ども・子育てビジョン」。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/vision/index.html
皆さんはどう受け止めましたでしょうか?(広報不足。もっとマスコミも取り上げる
べきでは?)
FJではこれまでも政府に対し、子育ておよび父親支援施策について提言を行ってき
ましたので、当ビジョンには重大な関心を持っており、発表後は会員コミュニティで
もいろいろ意見が交わされています。
そこで、もっと広く一般にも関心を持ってもらいたく、当ビジョンおよびFJが注目
する父親支援関連の項目について、緊急アンケートを実施することにしました。

★子ども・子育てビジョン緊急アンケート by FJ
https://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dEpvRkFxTXltT2YtMk5QRjkyVmF
UMmc6MA
パパに限らず、どなたでも回答可能です(お一人1回のみでお願いします)。
どうぞご協力ください! ※アンケートの締切は2/10です。

★集計結果はこちらから↓
https://spreadsheets.google.com/viewanalytics?formkey=dEpvRkFxTXltT2YtMk5QRj
kyVmFUMmc6MA
FJではこの結果も含め、ビジョンに対する意見・要望書を政府へ提出するととも
に、引き続き子育てを楽しむ笑っている父親を増やすべく、各種の政策提言を行って
いく予定です!

★子ども・子育てビジョン
http://www8.cao.go.jp/shoushi/vision/index.html
===========================================================
皆さん、ぜひご参加下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.シングルパパ・コラム(片山)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月30日 夜
その夜は、いつも通り家族で夕飯を食べ、その後、東京に行くために僕は身支度を始
めたところ、小学校3年生の娘は僕にべったり。
夜行高速バスで東京に向かう時、次の日が日曜日ということもあり息子と娘がバス乗
り場まで見送りに来てくれました。
バス停の近くで見送りに来てくれた子どもたちに「行ってきます!お父さん、頑張っ
てくるね!バイバイ!」と告げたところ、娘の瞳は潤みはじめ、目に涙が。
娘は「お仕事」でお父さんが行ってしまうことを、頭では理解してても心では理解で
きず、ずっと我慢していたのでしょう。
僕は娘の涙を見て、とても切なくなりました。

娘の涙は「お父さんへの応援」だと受け止め、これからも頑張ります!

明日は節分ですね♪
子ども達と楽しみたいと思います♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『なくそう!子どもの貧困 全国ネットワーク(仮称)準備会設立シンポジウム』に
参加してきました。
日本の学費の高さ、学びたくても学べない子どもたちが存在する事実、子どもの貧困
の深刻さ、根深さを再認識しました。
貧困の連鎖、断ち切らなければなりません。
全父子連に出来ることを、一生懸命取り組もうと決意を新たにしました。
これからも、子どもたちを、頑張っているパパたちを、全父子連を支援して下さい!

同じ志を持つ方々との出会いにも感謝。

片山知行 拝

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DIAMOND online
格差社会の中心で、友愛を叫ぶ シリーズ(第3回/2009年11月27日)
【もしも妻がいなくなったら!? 「父子家庭」を待ち受ける貧困の奈落】
フリーライター西川敦子氏が父子家庭、全父子連に迫る!!
日本中が泣いた!感動の渦!立ち上がるシングル・パパたち!
 いつもの通り帰宅してみたら……妻の姿がない!?
 そんな場面をリアルに想像できるだろうか。だが、父親なら誰しもシングルファ
ザーとなる可能性は皆無ではない。2005年の国勢調査によれば、父子世帯(祖父母な
どとの同居は含まない)は9.2万世帯。約75万世帯の母子家庭に比べれば少ないた
め、これまでさほど注目されてこなかった。
 続きはこちら!
http://diamond.jp/series/yuuai/10003/
西川氏バックナンバーはこちら!
http://diamond.jp/series/yuuai/bn.html


このメールは、全国父子家庭支援団体連絡会(全父子連)にお問合せいただいた方、
名刺交換をさせて頂いた方、全父子連メンバーと交流を頂いている方、お世話になっ
ているメーリングリストメンバーの方、および全父子連のメンバーにお送りしていま
す。

登録の追加・削除・アドレス変更などのご希望がありましたら、お手数ですが下記ア
ドレスまでその旨を明記の上、ご一報ください。
info@united-plus.jp

※ご意見、ご感想、激励をお待ち申し上げております!

バックナンバーはこちら
【全父子連ニュース vol.6】2010.1.27号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga6.html
【全父子連ニュース vol.5】2009.12.24号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga5.html
【全父子連ニュース vol.4】2009.12.15号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga4.html
【全父子連ニュース vol.3】2009.12.10号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga3.html
【全父子連ニュース vol.2】2009.11.29号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga2.html
【全父子連ニュース vol.1】2009.11.20号
  http://www.united-plus.jp/mailmaga1.html

+ + + + + ◆パパと子どもの笑顔を守りたい!◆ + + + + + + + + + + +
+ 全国父子家庭支援団体連絡会 http://ameblo.jp/papa-support/
+ 代表 片 山 知 行 + かたやまともゆき
+ E-Mail info@united-plus.jp
+ TEL 0250-47-6009  FAX 0250-63-9137
+ docomo 090-1406-9100  SoftBank 080-3338-9100
+ ひとり親支援 ユナイテッド・プラス http://www.united-plus.jp/
+ + + + + + + + + + + + + + + + ◆子どもの笑顔、好きですか?◆ + +
posted by 全父子連 at 03:59| メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。