2010年10月26日

【全父子連ニュース vol.17】 父子家庭支援・フレンチトースト基金シンポジウム開催!

【全父子連ニュース vol.17】2010.10.26号
<父子家庭支援・フレンチトースト基金シンポジウム開催!>

皆さま、こんにちは!
全国父子家庭支援連絡会(全父子連)代表の片山知行です。
父子家庭支援情報、全父子連情報などをお届けいたします。

<転送・大歓迎!よろしくお願いいたします!>

---contents---------------------------------------------
1.ニュース
2.HOT!全父子連!
3.お知らせ <セミナー・イベントなど>
4.後記
--------------------------------------------------------

<<<パパと子どもの笑顔を守りたい!>>>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【父子家庭にもJR定期割引 児童扶養手当支給で】
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010100801000641.html

 低所得の母子家庭向けだった児童扶養手当が同様の父子家庭にも
支給されるようになったのに伴い、JRの通勤定期券の割引など各
種優遇制度の対象も拡大された。
父子家庭の支援団体は「経済的に大きな支援となるが知られていな
い」として利用を呼び掛けている。

 JR各社の特別割引制度は全国共通で、同手当の受給世帯の家族
は通勤定期券を3割引きで購入できる。
割引を受けるには、居住自治体で資格証をもらい購入時に提示する
のが一般的。
地域により必要書類が異なるため事前に確認が必要だ。

 厚生労働省も、父子家庭でも8月から制度を使えることを地方自
治体に通知している。

 東京都内の自治体では、手当受給世帯の1人に限り都営の地下鉄
やバスなどを利用できる無料乗車券について、父子家庭を対象に追加。
このほか自治体によっては税金や水道料金の減免、医療費の助成など
の優遇制度を設けている場合もある。

 児童扶養手当を受給できるのは、親と子ども1人の場合で給与収入
が365万円未満の世帯。
対象となる父子家庭は約10万世帯。
11月末までに申請すれば、8〜11月分を12月に受け取れる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.HOT!全父子連!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★フレンチトースト基金報告&展望イベント
「父子家庭支援の継続と、さらなる充実を!」
・日時:2010年10月31日(日)14:00-17:00
・場所:アカデミー文京 学習室(文京シビックセンター地下)
http://www.b-academy.jp/faculty/images/map_bunkyo.JPG
・内容:
@フレンチトースト基金の運営と報告(Q&A)事務局より
AFT基金の今後の展開について〜NPO法人全父子連への運営移行
 について
Bパネルディスカッション「父子家庭への次なる支援〜シングル
 ファザーに安定した人間らしい働き方のできる雇用を!」
※参加申込⇒お名前(人数)・連絡先を書いて
seminar@fathering.jp (ファザーリング・ジャパン)まで
メールかFAX(050-8884-4252・ファザーリング・ジャパン)にて。

全父子連への問合せもお待ちしております。


全父子連も参加します!
父子世帯、母子世帯のひとり親の方々が働きやすい環境を
皆で考え、世の中に浸透させる第一歩です。

〜マスコミの方々へ〜
問合せ、取材、大歓迎です!
全国には家事・育児をしながら仕事をすることに対し、理解を
頂けないひとり親の方々が多く存在しています。
そんな事実を報道して下さい。
そして、ひとり親家庭でも安心して暮らせる世の中の実現に
協力して下さい!

=ファザーリング・ジャパン代表より============
父子家庭(シングルファザー)支援事業として昨年度展開してきた
フレンチトースト基金の報告イベントを行います。

これまでは所得の低い父子家庭経済支援の拡充が主でしたが、
今後の支援についても展望を皆で話し合いたいと思います。

当事者、支援者、行政担当者、それから父子家庭を支援していきたい
企業関係者の方など、どうぞご参加ください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.お知らせ <セミナー・イベントなど>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■父子家庭だってたいへんなのだ
〜父子家庭のお父さん、いっしょに話しましょう〜
日時:2010年10月30日(土)14:00〜16:00
場所:新潟県新発田市豊浦地区公民館
対象:関心のある方、当事者など(5歳以上)
料金:無料
内容:全父子連代表理事片山知行の講演
   講師と参加者の座談会
問合せ先:阿賀北おやじクラブ
     大山・090−7203−7480
主催:阿賀北おやじクラブ
共催:新発田市(新潟県)
後援:新発田市教育委員会(新潟県)

■現代の貧困問題
〜母子家庭と父子家庭の貧困について知る〜
日時:2010年11月27日(土)17:30〜19:30
場所:川崎市高津市民会館
対象:関心のある人 約30名
内容:全父子連理事村上吉宣の講演
   母子家庭のみ対象だった児童扶養手当が、8月から父子家庭
   にも拡大されたが、その実現までの道のりや、父子家庭を
   取り巻く現状についての話など。
主催:川崎市教育委員会(実施機関 川崎市高津市民会館)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10月23日は山形県の最上町で講演でした。
父子家庭のお話と日本の父親の置かれている現状、WLBや父親の
子育てやパートナーシップについてお話しました。
イクメンという言葉が徐々に社会に浸透し、子育てをするパパが
増えているようです。
講演会では、パパからも多くの質問も頂き、パパの子育てが浸透
してきた感触がありました。
父親が子育てをすることは、子どもの発育もそうですが、女性の
自立に好影響ですが、父親の人生の幅がぐんと広がります。

さて、イクメンということは、育児を積極的に取り組むメンズと
もとれます。
それは、シングルパパのことだ!と常々思うのです。
大変なことも、楽しいことも、細かいことも毎日一生懸命なシン
グルパパこそイクメンだ!と・笑
皆さんはどう思われますか?

片山知行


---------

カンパ!ご寄付!大歓迎!
http://www.zenfushiren.jp/kifu.html
賛助会員募集中です!
http://www.zenfushiren.jp/recruitment.html
皆さまの応援、支援、よろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは、全国父子家庭支援連絡会(全父子連)にお問合せ
いただいた方、名刺交換をさせて頂いた方、全父子連メンバーと
交流を頂いている方、お世話になっているメーリングリストメン
バーの方、ご挨拶をさせて頂いた自治体の方など、また、全父子
連のメンバーにお送りしています。

登録の追加・削除・アドレス変更などのご希望がありましたら、
お手数ですが下記アドレスまでその旨を明記の上、ご一報くださ
い。
info@zenfushiren.jp

※ご意見、ご感想、激励をお待ち申し上げております!

バックナンバーはこちら
http://zenfushiren.seesaa.net/


+ + + + + ◆パパと子どもの笑顔を守りたい!◆ + + + + + + + + + + +
+ 特定非営利活動法人 全国父子家庭支援連絡会
+【全父子連】http://www.zenfushiren.jp/
+ 代表理事 片 山 知 行 + かたやま ともゆき
+ 〒959-2015 新潟県阿賀野市北本町17番17号
+ E-Mail info@zenfushiren.jp
+ TEL 0250-47-6009  FAX 0250-63-9137
+ docomo 090-1406-9100  SoftBank 080-3338-9100  
+ Twitter + ツイッター http://twitter.com/katayama_papa/
+ 全父子連ニュース(メルマガ)バックナンバー
+ http://zenfushiren.seesaa.net/
+ + + + + + + + + + + + + + + + ◆子どもの笑顔、好きですか?◆ + +


posted by 全父子連 at 07:50| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。