2011年02月25日

【全父子連ニュース vol.20】 子どもは社会のみんなで育みたい!子ども手当は必要です!

【全父子連ニュース vol.20】2011.2.25号
<子どもは社会のみんなで育みたい!子ども手当は必要です!>

皆さま、こんにちは!
全国父子家庭支援連絡会(全父子連)代表の片山知行です。
父子家庭支援情報、全父子連情報などをお届けいたします。

<転送・大歓迎!よろしくお願いいたします!>

---contents---------------------------------------------
1.ニュース
2.お知らせ <セミナー・イベントなど>
3.ひと味違うぜ!シングルパパ料理!
4.シングルパパ・コラム
4.後記
--------------------------------------------------------

<<<パパと子どもの笑顔を守りたい!>>>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【民主党「子ども手当の継続を」
 一人親家庭、児童養護施設長らが意義を訴え】
http://j.mp/fIx6n4

 党厚生労働部門と子ども男女共同参画調査会は24日、国会内で合同会議を開催
し、本会議で同日政府案の趣旨説明・質疑が行われた「子ども手当」について有識者
や関係団体等からヒアリングを行った。

 国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩・社会保障応用分析研究部部長が子どもの
貧困と「子ども手当」との関係をテーマに基調講演。「健康、学力、住居など子ども
期の貧困が成長に影響する経路は様ざま。子どものニーズは多様で、すべて十分に現
物給付はできないのだから、色の付いていない現金給付は重要。お金ですべては解決
できないが、お金で解決できるものも多い」と子ども手当の意義を解説した。そのう
えで、子ども手当に伴い他の子ども政策が抑制されることのないよう、特に市場で公
平な供給が望めない分野、例えば障がい児施策やへき地等の医療提供体制などでの現
物給付の必要性を指摘した。

 全国児童養護施設協議会の高橋利一特別委員会委員長(法政大学名誉教授)は、2
3年度から施設の設置者に支給されることになっている子ども手当について「子ども
のために活用していく資金」とその意義を強調した。今年度は児童養護施設に入所し
ていて、子ども手当の支給対象とならない子どもについては、手当相当額の特別な支
援が実施されているが、平成23年度の子ども手当法案では、児童養護施設に入所し
ている子どもについて、施設の設置者に子ども手当を支給することとした。高橋氏は
「クラブ活動にもお金がかかる。あきらめていたことが子ども手当で可能になり、や
る気を出す資金になる。将来に向けて子ども手当を貯蓄すれば、大学進学も考えられ
る。子どもが施設を出て家庭に帰るときにも、自己実現を可能とする資金となってい
く」と23年度の子ども手当法案への期待を語った。児童手当では中学生に対する手
当がなかったが、同協議会の武藤素明制度政策部長は「公費から措置される費用は最
低基準。進学費用には十分ではなく、子ども手当を継続して、子どものために有効に
活用させてほしい」と中学生への支給がもつ重要性を指摘した。

 父子家庭の支援に取り組んでいる特定非営利活動法人全国父子家庭支援連絡会の片
山知行代表理事は、「2009年の総選挙は、子どもや子育てが前面に出た初めての
選挙だった。民主党の『すべての子ども』という考え方に賛同する。児童手当の所得
制限は前年の所得を見るので、リストラなどで急激に所得が減ると、一転貧困に陥っ
てしまう。お金がないと生活に困ってイライラし、それが子どもへの虐待につながる
こともある。子ども手当は非常な重要」と子ども手当を継続してほしいと訴えた。ま
た、「テレビの街角インタビューで子ども手当ついて尋ねられ、『ばらまきだ』『要
らない』などと言っている親がいるが、本当だろうかと思う。私の周りでは皆、助
かっている、有難いと言っている。生活に困っていても、特に男性にはプライドがあ
るからなかなか言い出せない」と男親の気持ちを代弁した。

 小5と小3の子どもをもつシングルマザーは、「下の子は重度障害を持っており、
毎日の送迎や介助が欠かせない。自分も病を患い、子ども手当が支給されてから仕事
をやめ、児童扶養手当や障害児手当等と実家からの食糧費等で生活している。子ども
手当が打ち切られたら完全に生活ができなくなってしまう。児童手当では中学生に入
ると打ち切られる。どうか来年度以降も子ども手当が支給されるよう切に願ってい
る」と発言。

 3人の子をもつシングルマザーは、「月に3万9000円いただき、本当に有難
い。子ども手当が児童手当に戻ってしまうと、中学生の子どもの分はなくなってしま
う。親も年老いており、これ以上頼るわけにはいかない。どうか子ども手当を続けて
ほしい」と語った。

 石毛えい子厚生労働部会長は会のしめくくりで「本日のヒアリングを通して改めて
子ども手当の重要性を認識した。法案を成立させるために全力で取り組もう」と決意
を語った。

<片山>
社会で子どもを健全に育成するという理念を大切にして欲しい。
子育て支援政策は超党派で真剣に取り組んで欲しいと切に願う。

【東京都がひとり親家庭に特化の就職フェア】
http://j.mp/gC6DYl

 東京都は、ひとり親家庭の父母に特化した就職支援イベント「東京都ひとり親家庭
就職フェア」を3月3日に港区の「女性と仕事の未来館」で開催する。母子家庭や父
子家庭の親と企業の双方にとって安定した雇用につなげるのが狙い。都がこうしたイ
ベントを開くのは初めて。ひとり親を雇用しようとする企業のブース展示のほか、出
展企業と求職者の交流の場も設ける。主催は東京都福祉保健局。母子家庭・父子家庭
専門の賃貸住宅と就職・転職サポートサービスを手がけるハーモニーレジデンス(東
京都杉並区)が企画・運営に当たる。午前10時からで、入場無料。

<片山>
雇用情勢が改善しているとは言い難いが、このようなイベントを全国的に展開して欲
しい。また、在宅就労支援にも力を入れて欲しい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.お知らせ <セミナー・イベントなど>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■プレママ・プレパパ2人に贈る子育て応援講座
 〜新しい家族を迎えるために〜(全5回)
http://j.mp/hpHZc3
日時:2011年3月12日
会場:新津地域学園
対象:妊娠中の方・プレパパ大歓迎!(2人目の方もOK!) 
定員:先着20人
参加費:無料

【協力して乗り越える】
夫はサポーターではなく子育ての主役です。
本当のパートナーを目指して!
講師:片山知行

2月25日【わたしはワタシ】
 子育てエッセイスト ちゃい文々
3月4日【命について考える】
 ひこう船 瀧澤ミチ子
3月18日【賢い生活設計教えます】
 金融広報アドバイザー 梅田久子
3月25日【新生児のいる暮らし】
 新潟市教育委員会 大滝則子

■ファザーリング全国フォーラムin滋賀
2011年6月17日(金)〜19日(日)
3日間の大イベント!
会場は滋賀県大津市の大津プリンスホテルとその周辺。
ファザーリング全国フォーラムを開催します。
・イベントの目的
イクメンを一過性のブームに終わらせない。
父親の育児支援のさらなる推進を図ること。
として、参加者は日本全国から、500人規模のフォーラムとして行います。

★全父子連もシングルパパとして参戦します!

プログラム(抜粋)
6/17(金) 1日目
・基調講演 ファザーリング・ジャパン理事 小崎恭弘
・パネルトーク〜父親支援の現状と展望
・分科会
 「男性のワーク・ライフ・バランスを推進するには」
 「父親のコミュニティ活動〜そのメリットと地域活性化」
 「パパも絵本を読もう」
 「ママからも言わせて〜女性から見た父親育児、社会のあり方」
 「次世代のパパたちが討論〜学生・独身男性たちが子育て社会に求めるもの」
 「子育てとメディア」
6/18(土) 2日目
・育メン首長サミット
 育休を取得した知事、市町村長が一同に集結。
 男性の育児参加がもたらす日本のビジョンを発信します。
登壇者:広島県知事 湯崎英彦/文京区長 成澤廣修 /佐久市長 柳田清二/
    龍ヶ崎市長 中山一生/箕面市長 倉田哲郎/伊勢市長 鈴木健一 ほか
コーディネーター:山田 正人(横浜副市長)
ゲスト:嘉田由紀子(滋賀県知事 全国知事会男女共同参画特別委員会委員長)
・イクメン応援イベント
 〜パパ大好き!って言われたい。各種講座に参加して “パパ力”をUPしよう!
 「やってみよう!〜絵本読み聞かせ&うたあそび」
 「趣味料理じゃない!家族のための、パパごはん講座」
 「家でできるようになる!〜昔遊び、工作、バルーンアート」
 「ママサポートが育児の肝!〜夫婦のパートナーシップを学ぶ」
 「ビギナーパパのための、べビーサイン教室」
 「プレパパ講座〜先輩パパから育児の楽しさを学ぼう!」
 「ファザーリング・スクール 特別公開授業」 ほか多数開催。
・船上交流会
琵琶湖最大の船「ビアンカ」で琵琶湖をクルージング!
打ち上げ花火を見ながら親睦を深めます。
6/19(日) 3日目
グランドフィナーレ

参加費:3000円(3日間共通で、どのプログラムにも参加できます)
※懇親会(1日目)、お弁当(2日目)、交流会(2日目)は別途費用がかかります。
申し込み:※締め切りは2011年5月16日
ネットで→ 専用ホームページの申し込みフォームより
電話で→ FJ事務局 TEL & FAX 050-8884-4252
メールで→ FJ事務局までEメールで seminar@fathering.jp
●電話・FAX、メールでお問い合わせの場合は、参加される方のお名前・連絡先
(メールアドレスまたは電話・FAX番号)を明記の上、お送りください。
●お申し込み後、事務局より参加費のお支払い方法などをご連絡いたします。
宿泊:大津プリンスホテル(TEL : 077-521-1111)に直接お申し込み下さい。
「ファザーリング特別パック料金」でお泊まりいただけます。
詳しくはホームページ
http://www.fathering.jp/zenkoku/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ひと味違うぜ!シングルパパ料理!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全父子連プレゼンツ
食の都大阪から李パパの
【シングルパパの気ままな料理日記】
〜パパ料理とはひと味違うぜ!〜
http://kimamanaryori.blog79.fc2.com/

★鶏胸肉の柔らか竜田揚げ★
鶏の胸肉は火を通すとパサパサになるので、ひと工夫で柔らかジューシーにする方法
をご紹介!
http://kimamanaryori.blog79.fc2.com/blog-entry-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.シングルパパ・コラム <村上パパ>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

兵庫県のとある高校で一年生の家庭科の授業にFNSのドキュメントを見たとMIXIを通
じてメッセージが来ました。
そして、先生からお電話を頂きました。
子供達が今まで見たことないくらい真剣に見ていたそうです。
素直に嬉しかった。

先程、生徒からメッセージが来ました。
去年の3月にお母さんを病気で無くした父子家庭の子どもからのメッセージでした。
胸がズキンと痛みました。
その子のメッセージは短い文章でした。
胸が熱く熱くなりました。

死別の父子家庭には遺族年金がありません。

それに今、子ども手当まで危ういと言います。
彼の家庭のこれからが気がかりでなりません。

最近、よく全父子連のドキュメント放送が教材になった話しを聞きます。
福島大学や仙台の保育士専門学校。
そして今回は高校です。
一助になれたかな?と今まで思っていました。
しかし父子家庭の子供からのメッセージを見て「一助じゃ足りないと」またハートに
火がつきそうです。

全国の議員の皆さん。
また僕と繋がってくれている皆さん。全父子連に力を貸してください。
皆さんの一助が集まらないと子供達の未来を救えません。
どうか力を貸してください。

村上吉宣

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子ども手当。
24日は民主党厚生労働部門・子ども男女共同参画調査会合同会議に出席してきまし
た。
テーマは【子ども手当】についてです。
今国会で、子ども手当法は時限立法ですので、子ども手当法案が通らないと子ども手
当は支給根拠を失い、児童手当に戻ってしまいます。
児童手当に戻るとどのようなことが起こるのか。
まず、中学生には支給されなくなります。
中学生は部活が始まったり小学生以上に出費が増します。
小学生より出費がかさむ中学生、部活の道具が買えず、子どもは気を使い部活を辞め
てしまいます。
夢も失い、内申点も下がり、高校入試でも支障をきたす恐れがあります。
我が家の息子は来春には高校生になりますが、中学生活はとても大切なのを身をもっ
て体験しています。

サンケイリビング新聞社
第17回リビング新聞「助かりました大賞」
【子ども手当】金賞受賞!
http://j.mp/flomjU
生活に浸透している手当であり、助かるものであり、ありがたいものであると社会が
示しています。

全ての子どもを普遍的に支援する、応援する、社会全体で子どもを育むという理念で
す。
子どもは家庭で育てるもの、から、社会も含め全体で育てるものという崇高な理念は
本当に大切にしたいです。
この潮流を止めてはいけません。

子ども手当の継続、更には恒久法になることを切に願います。

片山知行

---------

カンパ!ご寄付!大歓迎!
http://www.zenfushiren.jp/kifu.html
賛助会員募集中です!
http://www.zenfushiren.jp/recruitment.html
皆さまの応援、支援、よろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは、全国父子家庭支援連絡会(全父子連)にお問合せいただいた方、名刺
交換をさせて頂いた方、全父子連メンバーと交流を頂いている方、お世話になってい
るメーリングリストメンバーの方、ご挨拶をさせて頂いた自治体の方などにお送りし
ています。

登録の追加・削除・アドレス変更などのご希望がありましたら、お手数ですが下記ア
ドレスまでその旨を明記の上、ご一報ください。
info@zenfushiren.jp

※ご意見、ご感想、激励をお待ち申し上げております!
※バックナンバーはこちら
http://zenfushiren.seesaa.net/

+ + ◆パパと子どもの笑顔を守りたい!◆ + + + + + + + +
特定非営利活動法人 全国父子家庭支援連絡会  
【全父子連】http://www.zenfushiren.jp/
代表理事 片 山 知 行 かたやま ともゆき
〒959-2015 新潟県阿賀野市北本町17番17号
E-Mail info@zenfushiren.jp
Twitter http://twitter.com/katayama_papa/
TEL 0250-47-6009 /  FAX 0250-63-9137
iPhone 080-3338-9100 / tk9100@i.softbank.jp
docomo 090-1406-9100
全父子連ニュース(メルマガ)バックナンバー
http://zenfushiren.seesaa.net/
+ + + + + + + + + + ◆子どもの笑顔、好きですか?◆ + +
posted by 全父子連 at 22:38| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。